ウェブ解析士とは

事業の成果をあげるためのウェブ解析士の役割、
ウェブ解析士の資格取得について解説いたします。

ウェブ解析士の概要

ウェブ解析とは

ウェブ解析は、ウェブサイトを軸としたあらゆるデータを活用し事業成果の最大化をすることです。
ウェブ解析はウェブマーケティングで必要なスキルの1つであり、事業成果をあげるためウェブサイトから得られる数値を元にユーザーの声を聞き、仮説検証→原因分析→対策立案を繰り返すことで事業成果につなげていきます。

ウェブマーケティング

サーチマーケティング

SEO

PPC
広告

SMM(ソーシャル)

ネイティブ
広告

SNS

ウェブサイト

ウェブ
デザイン

ユーザ
ビリティ

UX/UI

ウェブ解析

ウェブ解析と
アクセス解析の違い

アクセス解析はウェブサイトを分析する行為そのものを指し、ウェブ解析はアクセス解析で得られる数値をもとに事業成果をあげるためウェブサイト以外の情報も収集していきます。

ウェブ解析の範囲

ビジネス解析

商談・見積り
受注・売上

電話
FAX件数

マスメディア
広告効果

モニター
アンケート

ウェブマーケティング解析

視聴率
キーワード分析

ユーザビリティ
テスト

ソーシャル
メディア分析

アクセス解析

検索ワード

ページビュー

広告効果

セッション

ウェブ解析士の役割と重要性

KPI設計

経営者、上級管理者などヒトごとにKPI(重要業績評価指標)を設定し、報告をすること。

計画立案

ウェブマーケティング計画書を立案、目標売上を達成するウェブ戦略を考えること。

経営戦略と連動

経営戦略とウェブ戦略を連動させ、事業に成果を与えるようにすること。

把握とレポート

アクセス解析を軸としてSNS、集客戦略、競合調査などウェブだけでなく事業の把握。

サイト改善と施策

サイトの問題点を把握し、優先順位をつけたサイト改善を行うこと。

ファシリテーション

経営者、営業・ウェブ部署など事業の成果を上げるために各部署との調整役となること。

ウェブ解析士はあらゆるデータを活用し、事業成果に貢献すること。

ウェブ解析士の資格

ウェブ解析士、上級、
マスターの3階級

一般社団法人ウェブ解析士協会(WACA)が運営するウェブ解析士は、体系的にウェブ解析を学ぶことができ、ウェブ解析に関連する用語やウェブ解析コンサルの基礎力を身につけるための資格です。
ウェブ解析の資格にはウェブ解析士上級ウェブ解析士、ウェブ解析士マスターの3つがあります。

ウェブ解析士資格はこのような方にオススメです

  • アクセス解析をはじめとしたウェブ解析のスキルを体系的に学び、身につけたい方
  • 自社サイト(オウンドメディア)の改善を行いたい企業内のウェブご担当者
  • 広告代理店の方、またはウェブサイトと関わりのあるお仕事をされている方
  • ウェブディレクター、ウェブマスター、ウェブコンサルタントになりたい方
  • ウェブに関する仕事で独立、開業を考えられている方

まずはウェブ解析士無料セミナーに参加してみる

一流のウェブ解析士になるためのマイルストーン

Webマーケティング資格問題集

デジタル分野のマーケティング資格を、
問題形式で学習できるアプリが登場しました。

資格取得までの流れ

ウェブ解析士認定講座、上級ウェブ解析士認定講座のお申し込み、認定試験の詳細や合格後の認定申請方法など、資格取得までの流れをご確認いただけます。

講師派遣

ウェブ解析士認定講座を複数名で受講希望される企業さまには、全国どこへでも専任講師を派遣し、ご希望の日程や時間・場所に合わせて講座を開催いたします。

よくあるご質問

ウェブ解析士に関する内容や、全国への講師派遣・研修実施までの期間・研修を実施するための環境や条件など、よくあるご質問を掲載しています。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日10:00 - 17:00
メールは24時間受付:webmaster@icloud.co.jp

TEL.03-6863-4805

フォームでのお問い合わせ

弊社サービスに関するご質問やお問い合わせなども
お気軽にお寄せください。