ウェブ解析士用語集第6章リターゲティング広告

リターゲティング広告りたーげてぃんぐこうこく

リマーケティング広告ともいう。一度サイトを訪問したことのあるユーザーに対して、一定期間、提携ウェブサイトの広告枠を表示すること。サードパーティクッキーを利用。再訪を促すことができるため、通常のディスプレイ広告よりコンバージョン率・クリック率が高くなる傾向にあり、費用対効果に優れている。ただし、広告が掲載されるターゲットは、一度サイトに訪れたことのあるユーザーに限られ、設定直後は十分ユーザーリストが集まっていないため、広告が効果を表すまでに時間を要することも特徴。

関連用語

Webマーケティング資格問題集
NEW

Webマーケティングに関する資格の学習ができるアプリです。
「ウェブ解析士」「GAIQ」「Google広告」の試験対策を選択問題で解きながら学びます。