ウェブ解析士用語集第5章フリークエンシー

フリークエンシーふりーくえんしー

第5章

フリークエンシーとは、ユーザーが広告に触れた頻度、回数のことで、フリークエンシーが多いとユーザーのへの露出が増えて認知が高まりますが、多すぎるとユーザーに飽きられたり、嫌がられたりする可能性が高まります。

また、フリーエクエンシーキャップを設定することで、「1時間に3回まで」「1日に5回まで」「1週間に10回まで」というように1ユーザーあたりの広告表示回数の上限を決めることができます。

関連用語

Webマーケティング資格問題集
NEW

Webマーケティングに関する資格の学習ができるアプリです。
「ウェブ解析士」「GAIQ」「Google広告」の試験対策を選択問題で解きながら学びます。